天皇賞春について

2008/04/29 | | |

今週の天皇賞は、実家に帰郷しているため、馬券の公開が遅れるか、公開がないかもしれません。
勝負したかったのですが、パドックを見られないから、どうかと思います。

私の親も、もう歳なので、親孝行を積極的にしたいものです。GWに実家に帰るなんて、初めてです。

新刊の『男の器量は「女」でわかる』。昨日から発売中です。
馬券を取ったら、買ってくださいね。

5 コメント:

  1. スカーレット says:

    里中先生こんにちわ!!

    先生は本のなかで春天が得意と言っていたので勝負すると思っていました。

    僕も先生の本を読んでなんか当たるような気がしてきたので勝負したいです。

    なので先生の本命が何だったのかやっぱり気になるので馬券がなくても更新してほしいです。

    先生の新刊楽しみにしていました!!明日買いにいきます!!

  2. しん says:

    先生お久しぶりです。

    僕はアサクサキングの単勝で勝負するつもりです。一番人気が予想されますが・・・。

    相手もメイショウサムソンとの馬単一点でよいかと思います。

    先生、ご両親を大切になさって下さいね。
    馬券更新は無理しなくてもいいですよ。

  3. 運弱 says:

    先生こんばんは。
    天春の何故?を考えてました。

    ●ドリパス前走が何故大章典じゃないのか?
    ●モナーク、日経賞を使った意味は?

    競馬ってG1なら前走ステップ戦で距離を整合するものですよね?
    もうひとつ、馬の消耗の事も考えると上記の
    2つが納得できません。
    ドリパス凡走でよく松岡が責められますが
    担当厩舎の惰性的な使い方で馬の才能を潰してるような感じがたまらないです。
    使い詰めで故障を誘発するのも怖いですし。

  4. きっと says:

    先生の論から行くと春天の本命はアドマイヤジュピタかアサクサキングスですね。
    私は騎手の差を取りアドマイヤジュピタを本命にし単勝勝負したいと思います。
    ただアサクサとホクトスルタンは怖いです。だが先生と共に勝負したいと思います。

    ◎アドマイヤジュピタ

  5. 哲也 says:

    初めまして里中李生先生。哲也と申します。
    去年から里中先生の本の影響を受け、競馬を始めました。

    そんな初心者の僕の予想は、展開を読み、若い馬を軸にアイポッパーを加えた4頭を中心に考えています。

    あえてポップとサムソンは外すつもりです。今回の天・春はスタミナではなくスピードのある馬、いきおいのある馬が勝つと思います。

    まだまだ本命は考え中ですが、当日までもっと頭を使い、自分の納得のいく馬券を購入してレースに挑みたいと思います。

    では、失礼します。