天皇賞春

2008/05/07 | | |


さて、SFCの予想の中では、自信度は「B」。「A」と言えなかったわけで、結果も負けた。
前年、菊花賞馬が、天皇賞春で、力負けしたらいかんよ。
展開とか言ってるけど、俺は認めない。
がっかりです。

9 コメント:

  1. says:

    はじめまして。里中さんの本で競馬の研究させていただいてます。ブログも楽しく読ませていただいてます。
    著書の中で「阪神大賞典1着馬で斤量58キロ以上は買い」とあったのに、単複で買わなかったのが今でも悔しくてなりません。
    アサクサキングスもメイショウサムソンも最後までよく激走したと思います。お陰で馬券的にはお寒い結果でした。
    まだまだ初心者なので、今後競馬の著書が出るようでしたら、是非買いたいと思ってます。

  2. タキオン says:

    里中先生。こんにちは。
    僕もアサクサキングスを本命にしていました。この距離では勝ってほしかったんですが、一番人気の重圧もあったんでしょうか?

  3. 匿名 says:

    いつも楽しみにしています。
    青葉賞、天皇賞と単勝的中することができましたが購入馬券の殆どが不的中です。

    キングスは菊花賞馬、勝率が高い4才という
    ので押し上げられた1番人気で危険な人気馬でした。前走二千メートル以下出走馬で敗退している馬は、一気の距離延長が不利だと考えているのでこれからも消します。オペラオーやヒシミラクルなどは例外と考えます。

    単勝といえども毎年毎年、毎週土日購入すれば、トータルで3割以上的中することなんて誰もできないことなので的中馬券も不的中馬券も堂々と掲載してください。

  4. Ya-ma says:

    里中先生、こんにちは。
    昨年のダービー以来、馬券購入を止めていますが、今回の天皇賞・春の予想はしていました。
    ◎はアサクサキングスでした。しかし騎手がどうもいまいちなような、もやもやした感じがありました。
    メイショウサムソンは武豊騎手なので買えませんでした。
    …結局、馬券は買いませんでした。
    競馬の勝ち負けに関係なく、『男の器量は「女」でわかる』は購入します。

  5. 品川優駿 says:

    こんばんは。
    単勝は外れましたが、アサクサキングスとアトマイヤジュピタとワイドは当たりました。

    個人的な不安は四位騎手のGⅠ一番人気でした。強気に乗ってくれましたが、上位二頭には明らかに力負けでした。
    この年代は牝馬の方が強いと改めて感じました。

  6. ミトノマンバケン says:

    こんにちは、ミトノマンバケンです。

    アドマイヤジュピタの単複で取りました。
    最初は先生と同様、アサクサキングス本命にしていたんですが(菊花賞取らせてもらいましたし)、どうもこの世代は「史上最弱牡馬世代」というのが気になりまして消しました。
    牝馬にダービーを取られた世代ですからね。
    サムソンはどうも本調子にはなっていない気がしました。
    先生のどこかの著書で「過去の栄光馬にはすがらない」と書いてましたよね?
    消去法から今年重賞を取っているジュピタとモナークが残り、長距離をこれでもかというぐらい走っているモナークは消しで、ジュピタを本命にしました。
    最後の直線の攻防は見応えがありました(笑)

  7. 西村 says:

    キングスでした・・・。
    完全に力負けですね。

    フレンチデピュティはサンデーのように万能なんでしょうか??
    それにしても岩田さんはすごいです。

  8. 匿名 says:

    先生お世話様です。
    私はポップロックでした。
    頭の中で閃いた馬を消すのって困難です。
    何年やってもうまくならないからおもしろいのでしょうか、競馬って。
    的中に根拠があるのは、すべて結果があってです。だから予想なのです。
    先生の勝負は、自分にはできないからスリルがあってすごいのです。競馬場での過ごし方、ビールを飲んでメインを待つような空気が好きです。著書なりプログなりでまた勝負の瞬間を感じたいです。

  9. 街カド says:

    こんにちは。

    ◎ホクトスルタンで勝負しました。
    長距離では思い切った騎乗が必要となるので、それを期待できる騎手は…
    と考えるとこの馬を買いたくなりました。
    血統もまずまずでしたしね。

    結果は4着で、とても悔しかったですが、次回の予想の励みにします。

    後悔だけはありません。